競馬で儲けるための無料セミナーに参加する
名前(苗字のみ)
メールアドレス

テイクオーバーターゲット 歴代勝ち馬 スプリンターズステークス 2007年予想

2007年09月25日

テイクオーバーターゲット 歴代勝ち馬

テイクオーバーターゲット(Takeover Target)は、オーストラリアの競走馬で、2006年スプリンターズステークスを始め、G1競走を5勝している。

既に3歳の暮れを迎えていた2003年7月18日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州で行われたセリ市「ウインター・サラブレッド・セール」で、馬主兼調教師のジョセフ・ジャニアック(Joseph Janiak、1947年6月13日 - )によって1250豪ドル(約11万円)の安値で購入された[1]。膝の故障を抱えていたためデビューは4歳の2004年4月と遅かったが、以来7連勝でG1優勝馬に登りつめた。

その後は6連敗を喫するが、2005年12月のG3競走に6馬身差で勝利すると、2006年グローバル・スプリント・チャレンジ(以下GSC)初戦のライトニングステークス(G1)まで3連勝し、G1競走2勝目を挙げる。続くオーストラリアでのG1競走2戦を3着・1着とすると、イギリスに初の海外遠征を行い、GSCの第3戦・キングズスタンドステークス(G2)と第4戦・ゴールデンジュビリーステークス(G1)に中3日で出走し、その20日後にはジュライカップ(G1)にも出走し、それぞれ1着・3着・7着でイギリス遠征を終えた。

GSCの総合優勝を目指し、シリーズ第5・6戦が行われる日本に遠征し、来日初戦となったセントウルステークスを先行してシーイズトウショウの2着とすると、スプリンターズステークスではスタートして先頭に立つとそのまま逃げ切り、2着のメイショウボーラーに2 1/2馬身差で勝利し、シリーズ最終戦の香港スプリントを待たず、2006年GSCの総合優勝を決めた。

11万円という破格の安値で購入された同馬はこれまで3億円余を稼ぎ、出走を予定していた香港スプリントに勝利した場合、同競走の1着賞金である684万香港ドル(約1億300万円)に加え、GSCのボーナス100万米ドル(約1億1700万円)の合計約2億2000万円をさらに獲得することができたが、レース当日の薬物検査で禁止薬物である黄体ホルモン(ステロイドの一種)が検出された為、出走取消となった。

競馬関係者情報を無料で暴露!

無料で儲かる競馬予想法を公開!
posted by スプリンターズステークス at 05:47| スプリンターズステークスの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。